会員規定



当店は会員制です。ご利用者様全員が安全で楽しい時間が過ごせますよう会員様はご利用毎時に最新の会員規定の下記内容にご同意頂くことになっております。ご利用される際には必ずお読みください。

第1条:(会員登録)
屋号:スタジオン 所在地:北区滝野川7-46-5を利用するにあたり、利用者(個人またはグループ)のうち最低1名は会員が必要。会員登録は管理人の審査を通過した方のみ認められる。会員登録の際管理人が会員規定の説明を行い、同意書へのサインをもって会員となることができる。会員カードは発行しない。
第2条:(会員規定の遵守ならびに会員権の剥奪)
会員はスタジオンの店長兼管理人(以下管理人と表記):長尾 茂が定めるホームページ記載の最新の会員規定を遵守するものとする。会員は引率する利用者全員に会員規定を遵守させる義務がある。利用者にひとりでも会員規定に違反する行為が認められた場合は、管理人の判断によりパーティーは中止されその際返金はされない。その際管理人は会員の会員権を剥奪できるものとし、会員権が剥奪された方及び引率する利用者全員は以後会員になることができない。
第3条:(会員規定の改訂)
会員規定は随時管理人が補足,追記が行えるものとする。
第4条:(会員規定情報の閲覧)
会員は予約の際に最新の会員規定またはスタジオンのホームページ掲載の最新版の会員規定を遵守したものとみなす。
第5条:(個人情報の取扱い)
会員情報は管理人が管理するデータベースに蓄積され、個人情報保護法の定める個人情報保護方針に則り運営される。個人情報は当方からの連絡およびキャンペーン等の紹介に利用される。
第6条:(会員権の失効)
会員自身の予約による最終利用日から3年以上利用がない場合は会員権が失効し、新たに会員登録をしなければならない。
第7条:(会員の特典)
おおむね月に1回以上の利用が継続する場合には30分迄の無料延長、特別料金の適用、キャンセル料金が免除される等の特典がある。
第8条:(会員登録時及び利用時の本人確認)
会員登録及び管理人の確認要請の際には、管理人が周知の場合で確認不要と判断する場合を除き、公的身分証明書(運転免許証,学生証,住基カード,健康保険証,障害者手帳,パスポート,外国人登録書等)の本人確認書類の原本が必要。15才以下の方は保護者の同意書または同意確認が必要。
第9条:(刑事刑罰者・暴力団関係者の排除)
刑事刑罰に処されたことがある方及び暴力団関係者は会員となることができない。
第10条:(会員登録利用ならびに更新料)
会員登録料ならびに更新料及び再発行の手数料は無料とする。
第11条:(利用時間)
利用者は予約した利用時間内で準備を含めた入退出を行う。スタジオの営業時間は平日18:30から24:00、土曜日曜と祝休日は10:00から24:00までとする。基本的に定時0分又は30分から開始時刻とし、予約時間の最後の1時間に関しては同時刻の50分までをもって1時間とし定時より10分前までに退出しなくてはならない。以後の予約が入っていない場合には60分まで利用できることがある。いかなる場合でも利用開始30分以上前の入室はできない。管理人が特別会員と認めた会員様は管理人と相談の上営業時間外のご利用が可能となる場合がある。
第12条:(室内の禁煙)
スタジオはホールとトイレを含めB1スペース全体を指す。スタジオ内は加熱式タバコや電子タバコを含めて全て禁煙とする。入口を出た階段付近の当スタジオの敷地内で喫煙可とする。
第13条:(可燃物・危険物・危険ドラッグの持ち込み、運転者の飲酒、未成年者の喫煙と飲酒の禁止)
可燃物や危険物および危険ドラッグ等の持ち込みは一切禁止とする。自動車・二輪車・原付・自転車の運転者の飲酒は禁止とする。未成年者の喫煙や飲酒と利用者の危険ドラッグの使用が判明した場合には警察へも通報すると共に即時全員退出となり同時に会員の会員権は剥奪される。
第14条:(管理人との連絡手段と入室)
管理人との連絡はスタジオ内外に付設のインターホンを使用し応答がない場合には管理人の携帯番号に連絡をする。なお管理人は事前連絡なしに必要に応じていつでもスタジオ内に立ち入れるものとする。
第15条:(防犯カメラの設置)
スタジオ内は防犯カメラにより録画されている。違反行為の発見や盗難、器物の破壊行為などの事件発生の際に警察に提出する。
第16条:(公序良俗違反の禁止)
公序良俗に反する行為は禁止行為とする。スタジオ内で喧嘩等のトラブル等が発生した場合は、すぐに管理人に連絡すると共に当事者は退室して頂くものとする。
第17条:(室内外及び社会的マナーの徹底)
以下のマナー違反が発見された場合は、管理人が利用者に対し利用停止と退出命令、会員権の剥奪ができるものとする。その際利用者に利用料金の返金はされない。下記行為で清掃が必要になった場合には特別清掃料金として管理人は会員に5,000円請求できるものとする。
・泥酔者が入室または発生した場合、但し泥酔者の判定は管理人が行う
・室内の床に寝転ぶ行為・ハンガーの掛けおろし以外で椅子上に立つ行為
・当店前面道路にて大声で会話又は叫び声をあげる行為
・当店の植物や外溝設備へのいたずら行為・灰皿以外にたばこの吸い殻を投げ捨てる行為
・パイやケーキ、パイ投げセット等をぶつけあう行為
・飲食物を投げたり人にぶつける行為・生ごみの散乱、嘔吐物、排泄物による汚損行為
・その他当店並びに近隣住民への迷惑行為
第18条:(目的外利用の禁止)
スタジオ内において金銭を伴う賭博行為並びに、管理人が開催を認めた場合を除き各種セミナー・カウンセリング・占い・ヒーリングセッション・各種教育・教養講座は金銭の授受いかんにかかわらず禁止とする。ペット並びに動物の持込は禁止とする。なお管理人が禁止行為と同等の行為とみなした場合は退出並びに会員権を剥奪できるものとする。
第19条:(商業利用)
商業利用については管理人が開催を認めた場合は可能とする。その際利用料は別途相談の上定めるものとする。商業利用の際は商業利用目的に関する特約事項を遵守するものとする。
第20条:(音量規制)
スタジオ内で極端に大きな音の演奏やカラオケと管理人が判断した場合は、会員の承諾なく音量を下げさせて頂く場合がある。再度音量を上げることを禁止とする。
第21条:(ダンス及びスタンディング利用の制限と設備の正しい利用の徹底)
ダンスホール等で行われるダンスを中心としたイベントは開催不可とする。またリスナーがフルスタンディング状態でのライブの開催やジャンピング等の行為も禁止とする。但しフリの練習行為や立ってサイリウム等を振りDVD等を鑑賞する行為は可能とする。
以下の行為は禁止とする。
・椅子やテーブルの上に立つ(コートの上げ下げを除く)
・吊下げ設備(テレビ,スピーカー,監視カメラ他)に触るぶら下がるなどの行為や破壊行為
・楽器演奏の許可なく楽器を持ちこむ又は当店の楽器を使用すること。
・楽器の心得や技術なく興味本位で鳴らす行為
・マイクを叩く又は放り投げる行為
・ミキサーを管理人の承諾なく操作する行為
・その他設備の正しい利用から逸脱する行為。
・無料Wi-Fi以外の店内の有線LANへの接続。
以上禁止行為が認められた場合は利用停止並びに退出命令、会員権の剥奪となる。
第22条:(食中毒並びに物的損害およびケガや事故等の人的障害の免責)
お客様が持参した飲食物で食中毒が発生した場合はスタジオン側には一切責任はないものとする。スタジオン内の紙食器は新品を使用している。その他の食器を使用する場合はお客様自身が洗浄し衛生上問題ないことを確認し使用する。スタジオ内に持ちこんだお客様の所有物に関して盗難・紛失・何らかの物的障害が発生した場合や、設備や楽器への衝突や接触、感電など利用者の不注意によってケガ等を負うなどの何らかの人的障害に関しては、一切管理人に補償義務はないものとする。お客様が楽器を持ちこんだ場合は店内記載の特約事項を同時に遵守したものとみなす。なおスタジオ設備の不備によるケガや事故は補償対象とする。
第23条:(什器・機器の取扱及び目的外の設備利用の禁止)
室内の折り畳み式テーブル及び椅子は管理人の許可により一時室外への移動が可能だが、楽器及び電気設備機器の設置位置の変更及び室外への持出は出来ない。楽器及び電気設備機器は各々使用方法に則った使用をすること。楽器練習スタジオとして使用する場合は別に定める【楽器使用に関する特約事項】に準ずる。楽器は向上心をもって演奏される場合に利用できるものとし、楽器の心得や向上心のない者が楽器の音を鳴らすことは禁止とする。店内設置のパソコンは業務用につきお客様の使用は出来ない。HDMI端子付パソコンをお客様が持込まれた場合に、店内のディスプレイに表示可能な場合がある。
第24条:(機器操作サポート及び機器利用方法の誤りによる破損・故障と損害賠償)
ミキサー等の音響機器は貸出時のプリセットの変更を希望する場合は管理人を呼び出すこと。利用者はミキサー等の操作を禁止する。お客様の不注意や機材の使用上の誤り又は故意による破損(例:マイクを叩く、投げる等の乱暴な扱いや、飲食物等による汚損、音量の上げすぎによるスピーカーやアンプの破損、コネクタの入れ間違いによるショート、機材に食べ物や飲み物を落とす)等が発生した場合には、管理人は当事者ならびに連帯責任として代表の会員様に、損害賠償額全額を請求できるものとし、当店の営業用機器が故障・破損によって使用できなくなった場合には、修理が完了するまでの間の営業保証金として管理人は会員に1日あたり20,000円請求できるものとする。
第25条:(スタジオ内の飲食等)
ミニライブでの使用を除きスタジオ内における飲食物の持ち込み及びデリバリー業者の配達を認めている。飲食は必ずテーブルに着席して行い、立ち飲み立食は禁止とする。楽器及び音響・映像設備機器のそばで飲食することは一切禁止とする。スタジオ内で飲食された後の生ごみやペットボトル、空き缶などは退出時間までに北区の分別ゴミルールに則り利用者が仕訳しゴミ袋に入れる。利用者はゴミ等を持ち帰る必要はない。飲食持込ルールについてはミニライブの主催者と相談の上飲食物の持ち込みを不可とする例外を認めている。
第26条:(利用者人数の把握と制限)
大人子供問わず当日の瞬間最大入室人数を利用者としてカウントする。会員は予約時に使用目的と入室する人数を管理人に伝える必要がある。また如何なる利用形態であっても33名を超える人数でのご利用は出来ない。定員を超えた場合は定員以下になるよう超過した人数は退出となる。ドラム設置時の最大定員は20名とする。飲食を伴わないライブスタイルのみ管理人と定員の相談が可能となる。
第27条:(予約開始日)
予約は4カ月前の月初めとする。既に会員登録済の会員様は予約開始日以前の予約相談も可能とする。
第28条:(予約金並びにキャンセル料)
通常月(1月~11月)で初めてのご利用の場合と4時間以上のご利用の場合は、予約申込時に利用料金に0.25を乗算し、百円単位の金額が500円又は000円に近い値をもってご予約金として持参又は振込が必要になる。ご予約金の受領をもって予約完了とし予約金が当店の指定日までに振り込まれない場合は予約が無効となる。
特別月(12月)はご利用時間にかかわらずご利用予約の際は、予約申込時に利用料金の1/2が予約金として持参又は振込が必要になる。ご予約金の受領をもって予約完了とし予約金が当店の指定日までに振り込まれない場合は予約が無効となる。
会員からのキャンセルの申し出は、通常月は予約日の14日前まではキャンセル料金は発生しない。13日前から7日前まではご予約金相当額またはルーム代の25%、6日前から前日まではルーム代の50%、当日は100%のキャンセル料が発生する。次回利用までに指定のキャンセル料金はお支払頂くものとする。キャンセル料が支払われない場合は次回の予約はできないものとする。特別営業月(12月)はご利用日1か月未満のキャンセルはご予約金の返金はされない。利用当日のお客様事由による利用時間短縮のキャンセルは時間単位のキャンセル料が発生する。お客様都合による複数回のキャンセル以降のご予約はご利用金額合計全額が前払いとなり前払い金はキャンセル時にも全額返金対象としない。キャンセル無しで複数回ご利用頂いている会員様はご予約金やキャンセル料金が相談の上免除される場合がある。
第29条:(不可抗力による利用キャンセル)
停電等の電気設備障害、機材の故障および大雨、洪水、地震、交通機関のマヒ等、予期しない不可抗力によってスタジオが利用できなくなった場合には予約をキャンセルまたは利用を停止させて頂く場合がある。その際キャンセル料は発生しない。会員または利用者の個人的な都合(体調不良やメンバーの都合を含む)による予約キャンセルは第27条に定めるキャンセル料が発生する。管理人の何らかの都合によりスタジオが事前に利用不可能となった場合は迅速に会員に連絡するものとする。またその際の会員者への代償等は致しかねます。利用中に不可抗力による利用停止となった場合には時間単位で返金対象とする。会計後のお客様事由による利用キャンセルは返金対象とならない。
第30条:(火災・災害発生時の避難誘導)
火災発生時には会員は店内設置の消火器で初期消火に努めなければならない。その他災害発生時は管理人の誘導に従って全員避難すること。
第31条:(予約方法)
予約はご来店又は電話又はメールのやりとりによる予約確定連絡で行える。予約申込だけでは完了しない。空きスケジュールの問い合わせの場合では時間枠は確保しない。来店又は電話はその場で予約の再確認を行い予約が完了する。メールでのやりとりの場合は予約申込時に既に別の予約の確認中の場合があるため管理人からの予約確定の連絡を待つこと。予約確認の連絡に対しては48時間以内にご返答又はご返信がない場合には予約と認められない。なおご利用枠は予約の再確認がとれたお客様から確保される。
第32条:(利用料の支払い)
スタジオ利用料金表の利用料金を利用開始時に現金にて前払いとする。クレジットカードやデビットカード等の支払いは出来ない。延長が発生する場合は21時迄に申告の上前払い精算とする。延長料金は1時間利用料金に対し30分単位で精算可能とする。

(2017年11月4日改訂)


スタジオン内における楽器使用に関する特約事項


スタジオン内はお客様のご希望によりパーティー中での楽器の使用を認めております。お客様の大切な楽器が当店で事故に遭わないよう下記内容にご同意頂き細心の注意を払って楽器を使用して頂くようお願い申し上げます。

1.楽器の使用は事前に許可が必要。当店のピアノ・カホン及びドラムセットを勝手に出さないこと。音響ミキサー使用如何に拘わらず必ずご相談下さい。ミキサー操作は許可なく行わないこと。必要に応じてスタジオン管理人がオペレーターとして入室致します。

2.楽器の近く(おおむね50㎝以内)に飲み物や食べ物を絶対に持ちこまない。

3.利用者の重大な過失による機材の故障の修理費用はお客様のご負担となります。当店の機材・設備の故障、例えば電気回路のショート、電源をONのままプラグの抜き差しをすることによるスピーカーの破損、機材または楽器へ飲み物や食べ物をこぼす、利用者の不注意による故障や破損につきましては、利用者グループの代表会員が修理費用の全額を負担する。万が一機材破損による営業が行えなかった場合は、修理が完了するまでの間、当店を予約した会員が一日につき20,000円を負担する。

4.お客様の楽器の破損や傷は当店では一切責任を負いません。利用者が持ち込んだ楽器が当店内及び、当店の機材(スタンド等も含む)の使用によって発生した楽器のキズ及び故障、機材同士または機材と人との接触や衝突によって発生するいかなる物的障害や人的障害が発生した場合などについては、一切スタジオン側に責任はないものとする。

5.楽器演奏の際は泥酔は厳禁とします。利用者の中に泥酔のお客様がいた場合には、スタジオン管理人は当店利用者に対し楽器の使用の中断指示を出し、利用者はその指示に従わなければならない。もし指示に従わない場合にはパーティーを途中で打ち切り会員には返金もされない。

6.カラオケや音楽を流しながらのドラムの演奏は上級者のみ可能。 理由:ドラムは大音量を発するためカラオケや音楽をモニターしながらの演奏は難しい。又、ドラム演奏者がモニター可能な音量ではカラオケや音楽の音量が上がってしまい当店ではマイクがハウリングを起こしやすくなる。又、上級者以外は打点がずれ大変聞き苦しいものとなるため。全ての同期演奏を禁止しているわけではないが同期演奏を希望される際は管理人に要相談。他のお客様が入らないバンド練習や個人練習の際はドラムの同期演奏は可能。

(2018年4月8日改訂)


スタジオン内における商業利用に関する特約事項


商業利用に関しては以下の特約を遵守するものとする。

1.商業利用とは、会員様がスタジオンを借りて展示やセミナー、物品販売やサービスの提供によって部屋代料金の割勘以上の料金を参加者に請求し収益を得る行為をさす。

2.スタジオン管理人が承諾した場合のみ商業利用が可能となる。どのような商業利用をするかを予めスタジオン管理人と相談が必要。利用実態により以後の貸出が可能かを管理人が判断する。

3.食品製造販売や飲食店経営として当店で商業利用することは出来ない。行われる営業行為の責任は全て会員様に起因するものとし、営業行為にはスタジオンは関わらないものとする。

4.準備時間並びに会員が会員のお客様を待つ時間も最低30分以上ご利用時間枠に含めるものとする。入室可能時間は会員規定に依らずご利用時間枠内のみとなる。また当店の食器等を利用される場合は、後片付けの時間を30分以上利用時間枠に含めることが望ましい。

5.ご入室される方を会員が把握・管理するものとし、ご入室された方によって発する機材・設備の故障や破損、その他生じるいかなる障害やトラブルに関しての全ての責任を会員が担うものとする。

6.受益者コスト均等負担の観点から、割箸やおしぼり等は会員様がご準備頂くことが望ましい。また食器等については洗浄をお手伝い頂くか紙皿等の持参が望ましい。

7.会員が徴収する料金に関しては管理人は一切関与しない。会員による金銭の徴収は会員の営業収入もしくは雑所得に該当するものとする。

8.当店への債務不履行や、発生したトラブルに対し解決手段がとられない場合にはホームページ上にその団体名又は個人名を公表することがある。

以上

(平成27年10月3日改訂)

カラオケ&ミュージック・パーティールーム
スタジオン
北区滝野川7-46-5
TEL:050-3707-4137

※お電話は番号通知ONでおかけください。留守電又は電話に出られない時は18時以降に
080-34xx-xxxxの携帯番号からC/Bさせて頂きます。